2013年10月18日

夢のお告げ

ある夜、ネット活動を終えパソコンを電源オフにし、床に就き、就寝した。その夜の出来事、朝方夢を見た。夢の中でもインターネットをしていた。すると、見覚えのある男性が現れた。その方は三島由紀夫さんだった。彼は耳打ちをしてきた。「俺に良い考えがある。街宣右翼とネット右翼を結びつけ真正保守党を作る方法が・・・」翌日目を覚まし、夢のお告げを実行した。するとアッという間に保守の政党が出来、与党になり、特亜の国々を黙らす事ができ、メタンハイドレートの採掘法も見つかり、世界の中心となり、地球全体が平和に包まれた。


posted by @@ at 12:05| 東京 ☁| Comment(0) | あくまでSF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

消えた神風特攻隊員

第二次世界戦争当時、誰にも知られずに二島由紀夫という特攻隊員が消えていた。突然、空中にできた時空のひずみに吸い込まれた。暫く、二島は気を失っていた。意識がぼんやりと二島に戻ってきた。見覚えのある顔が二島の眼前にあった。それは二島の先輩に当たる憂国(ゆうくに)だった。憂国は二島に「よく来たな、この世界は凄いぞ、ここにいる連中は全員、俺達の先輩にあたる方々だ」二島が顔を上げるとそこには見覚えのある人達が白衣を着、何かを研究しているようだった。すると白衣の人が「重力操縦装置が完成した、二島君と憂国君を戻してあげよう」と言ったとたん、二島と憂国は日本陸軍本部前にいる事に気づいた。早速、重力操縦装置を隊長に見せ、どんな弾丸も撃った銃の方に戻す事ができる装置と説明した。それから一週間、幹部は装置の研究に明け暮れた。使用法になれた頃、広島と長崎ににB29が飛んできた。落とされた原爆はアメリカに落ち、第二次大戦は日本の勝利で終戦した。世界共通語が日本語になり、関税も無くなり、自ずとTPPの様な物も形成され、保守政党が世界を治め、多国籍の地球防衛軍なるものも形成され地球=日本国は不況を知らず未来永劫繁栄した。
posted by @@ at 19:24| 東京 ☀| Comment(0) | あくまでSF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

もしも

太平洋戦争が始まる、50年程前日本のとある町の片隅に三島由紀之助という変わり者の科学者が日本人数人を伴い5光年ほど離れた惑星に移住し始めた。

彼らはその惑星を愛国日本と命名し、科学を発展させた。タイムマシンと地球への移動法を発明した。その頃地球で第二次世界大戦が開戦しそうだった為、祖国日本への恩返しの為、当時は目新しい原爆と使い方を使者と共に日本へ送った。日本が窮地に陥り、原爆を使った。すると、アメリカその他の連合国は降参し、日の丸が世界に翻り世界共通語が日本語になり、日本人のよきDNAが世界に広がり、アジア・アフリカ等の極貧国も世界中平等に発展する事ができた・・めでたしめでたし。
posted by @@ at 16:42| 東京 ☀| Comment(0) | あくまでSF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。