2014年03月22日

パチンコを取り締まれ!




日本が北朝鮮の脅威にさらされているというのは根本的に違う。



図式上、今の日本の危機を招いているのは我々日本人自身なのだ。



日本人が一生懸命パチンコにお金を貢いで北朝鮮に資金を提供し、



その資金でテポドンやノドンを開発され、日本が脅かされているのだ。

パチンコをすることは犯罪行為・反日行為であると同時に家庭を破壊し



自殺行為に繋がります。


出典kyoumomake.blog.fc2.com

パチンコは趣味で遊ぶ程度では楽しいもの・・・

事実、大当たりした時、確変中の際は楽しいですし、興奮します。麻薬ですね。

しかしパチンコには恐ろしい罠が存在します。
そして本当に依存性の強いギャンブルであることを自覚しましょう。
ド派手な演出や大当たりの時の刺激は脳を覚醒させ興奮状態にさせます。負けている時はついお金を突っ込んでしまいます。このスリルを求め次の日もまたパチンコへ足を運ぶのです。
完全に店の思うツボです。

大勝ちしたお金身になっていればいいですが、大抵の方はいつの間にか消えていませんか?
パチンコに使って。
しかも勝った金額よりマイナスに。


posted by @@ at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | 反パチンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

パチンコの真実

現在のパチンコは利益から出玉まで、すべてホールの管理下にある。ホールはハイテクの城であり、客への出玉もコンピューター管理なので、右下の写真のように完全確率ではありえない同一機種の出玉の偏りも発生する。顔認証を使った顧客管理も行われており、ギャンブルというよりは悪質な集金システムに近い。
posted by @@ at 23:23| 東京 ☀| Comment(0) | 反パチンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

パチンコ・日本にいらないもの

パチンコは朝鮮総連の「資金網」、民団の「基幹産業」

大金が集まる「パチンコ店」「景品交換所」にまつわる「強盗」事件は絶えない。表題に報じられる事件(2006年)では、藤沢市(神奈川県)のパチンコ店の景品交換所の「現金1,700万円」を奪った犯人の男らが逮捕された、とある。『1,700万円』は大金である。パチンコ店以外の、一般的な商店舗で、営業時間帯にこれほど高額な現金を保有している「店」はどれほど存在するのだろうか。こうした事件報道があるたびに、「パチンコ店」が大金が集まる場所であることが判る。また、その大金は客層から得たものに他ならない。

 


民主党が韓国を重視する政策というのは在日韓国人のパチンコ産業を保護するということではないのか?


お金と時間を大切に
posted by @@ at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | 反パチンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。