2013年09月30日

中韓との摩擦を防ぐために

見ざる聞かざる言わざる


 東アジアの安定的な発展には、日本と中国、韓国の間に不必要な緊張関係を増幅させることは問題である。そのためにも今は距離を置こうというのだ。

 面子を重んじ、中華思想の影響が強いこれら両国は経済が発展してくれば、今まで日本が両国の経済発展のためにどれだけ貢献してきたかなど全く忘れられ、戦争の歴史を背景に反日感情はどうしても高まる。

 それに日本が呼応すればするほど、火に油を注ぐことになる。幸い、世界には親日的な国が非常に多い。

 それは我が日本が長い歴史の中で培ってきた功徳でもある。そういう国々との関係を一層強固にしていくことに専念すべきだというのである。

 右のランキングを見ても、過去の記事を含めて韓国については非常によく読まれている。それだけ関心が高いということだろう。

 残念ながら、中国と韓国の反日キャンペーンによって日本国内で嫌中国、嫌韓国の勢いが強まっている。

 しかし、感情論が先走っては国の発展が阻害される。ここは冷静にかつ冷徹な対応が必要である。

 ここは「見ざる聞かざる言わざる」の精神が必要なのかもしれない。


posted by @@ at 17:47| Comment(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。