2014年05月16日

集団的自衛権って何だろう

「個別的自衛権」と「集団的自衛権」
集団的自衛権
 憲法九条をめぐっては、自衛隊の違憲論争とは別に、もう一つの議論もあります。それが、「集団的自衛権」の問題です。一口に「自衛権」といっても、「個別的自衛権」と「集団的自衛権」の二つがあります。
 個別的自衛権とは、自国が他国から攻撃されたとき、自分の国を守る権利です。
 一方、集団的自衛権は、互いに助け合うグループをつくり、その仲間が他国から攻撃されたら、自国が攻撃されたと同じと考え、仲間の国と一緒になって、攻撃してきた国と戦う権利のことです。
 たとえば、アメリカとヨーロッパ各国は、NATO(北大西洋条約機構)という組織をつくっています。もし、NATOに加盟している国がNATO以外の国から攻撃された場合、NATO加盟国は、攻撃された国を助けるために一緒に戦うことになっているのです。
 日本政府は、日本も独立国である以上、個別的自衛権も集団的自衛権も持っている、という立場です。
 ただし、憲法九条で戦争を放棄しているので、他国を応援する戦争はできないから集団的自衛権は使えない、と説明しています。
 つまり、「日本は国際法上、集団的自衛権を持ってはいるが、使えない」というわけです。


posted by @@ at 15:03| 東京 ☀| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

2014年05月09日のつぶやき




























































































































posted by @@ at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 憂国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月09日

2014年05月08日のつぶやき






































































































posted by @@ at 00:01| 東京 ☀| Comment(0) | 憂国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。